香川県中小企業家同友会

入会受付・お問い合わせはこちら 087-869-3770受付時間
9:00~18:00
(土・日・祝除く)

お問い合わせ

例会案内・活動報告一覧MEETING ACTIVITIES / ACTIVITY REPORT

  • 女性委員会

【素敵な女性】直撃インタビュー!(第3回)/株式会社安岐水産 安岐麗子さん(高松第7支部)

update.2021年09月22日

「なでしこ通信」の新企画。女性委員会のメンバーが「会いたい!」と思う「素敵な女性」に実際に会い、インタビューします。第3回は水産物加工の歴史と信頼のある安岐水産の代表取締役社長 安岐麗子さんの時代を見据えたさらなる挑戦についてお話を聞きました。

株式会社安岐水産 http://www.aki-mp.co.jp/

聞き手(長谷):安岐さんの好きなお魚は?(笑)

安岐:(笑)「讃岐でんぶく」です。瀬戸内を象徴する魚で刺身、唐揚げ、一夜干し、丼ぶりもおいしいですよ。

聞き手(一同):うわー!丼ぶり、食べてみたいです!

聞き手(長谷):自社の特長や強みは?

安岐:素材へのこだわりです。素材が良くないと煮ても焼いてもダメ。海外で加工しているものも、加工技術を現地に伝え、素材の良さを失うことなく日本に届くようにしています。

聞き手(長谷):昭和40年創業ですが、安岐さんはどのように育ちましたか?

安岐:両親が津田町に加工所を創業しました。両親はとても忙しそうで、幼い私は賑やかな加工所で育ちました。高校卒業後、大学、就職と10年ほど県外で過ごし、28歳の時に戻り、(株)キングフーズを立ち上げ、インドネシアとの食品輸出業に15年間携わりました。その後輸出規制により事業転換を余儀なくされる中で、惣菜製造について勉強した経験が現在の安岐水産の惣菜製造業につながり、3年前に安岐水産を後継しました。現在では安岐水産が加工、キングフーズが販売という役割で、大切なパートナーだったインドネシアからは実習生を受け入れています。4年前に実習生受け入れ機関を設立し、単に「労働力」としてではなく、実習生の人生を真摯に考えてくれる県内の企業と契約し、約150名の実習生を支援しています。弊社にも素朴で真面目で明る10名の実習生がいて、将来、弊社で学んだ加工技術を携えてインドネシアに帰国し活躍してくれることを願っています。

聞き手(長谷):コロナ禍での新しい取組みや挑戦は?地域との関わりは?

安岐:「私にできることは何か?会社の存在意義は何か?」を考えました。「高価格・調理が面倒・骨がある」などを要因に日本の魚食文化は危機にあります。「お魚の本当のおいしさを伝える」「日本が古くから培ってきたお魚を食べる文化を次世代につなぐ」を掲げ、「お魚生活すすめ隊」を結成し、県や大学、漁連、仲買人の皆さん、お客様など魚への想いのある方々を募っています。

聞き手(久保):お魚は私も子どもたちも大好きですが、確かにお肉に比べるとお魚は高価で、調理も大変、小さな子どもに食べさせるのも大変ですね。

安岐:そうですよね。それでも魚は日本人の食文化には欠かせないもの。瀬戸内の魚の魅力の発信基地として、地元津田町の漁師さんとの交流や親子で参加できる魚の調理体験を通して、魚についての知識を深めてもらう取組みをしています。自社と地域の発展も考え「グローカル」も意識したいですね。瀬戸内の魚は魅力的ですが、多品種・少量で流通に乗せづらいという弱みを、四季折々の魚のおいしさを風光明媚な瀬戸内の津田町から発信することなどで強みに変える。地方にありながら世界とつながる、地方であることがチャンスだと考えています。

インタビュー後記(聞き手)

長谷ぶどう園 長谷真里(高松第7支部)

いつも凛としている麗子さん。コロナ禍で大切なものを知り、それを守り、発展させる。学び、考えて実践することの大切さを学びました。

 

森本建具店 森本佳瑛(高松第2支部)

「素敵な女性経営者」まさにその通りの方でした。創業者のお父様から受け継ぎ今に至る。

お世話になったインドネシアに恩返しのため、地域の方・社員愛が話の中に自然に出る、皆さんにとってお母さんのような社長さんでした。

 

久保奈緒美(香川同友会事務局)

自社の製品を地元の方も味わえるように!とオープンしたコンテナショップ「Cumi Umi(ちゅみうみ)」。地元に根差しつつ世界を視野に入れた展開を考えるグローカル企業が安岐さんの取り組みから益々広がっていきそうな気がします。

この情報をシェアする

入会案内・お問い合わせ

中小企業の経営者及びこれに準ずる方で、会の趣旨に賛同される方は、どなたでもご入会いただけます。
また、会員企業の社員の方や会員でない方も参加できる行事があります。(開催行事一覧はこちら

入会受付・お問い合わせはこちら 087-869-3770受付時間
9:00~18:00
(土・日・祝除く)