香川同友の森づくり

入会案内・お問い合わせ

香川県中小企業家同友会へ入会をご希望の方や、お問い合わせは、下記へお電話または、お問い合わせフォームをご利用ください。

電話番号:087-869-3770(受付時間/平日9:00~18:00)

  • 入会のご案内・お申し込み
  • お問い合わせフォーム

香川同友の森づくり

ホーム > 香川同友の森づくり

『香川同友の森』豊な地域環境を担う運動が始まる

香川同友会は平成21年4月22日に、今期に設置して活動を始めた環境委員会が香川県環境森林部みどり整備課及び塩江町森林組合と『香川同友の森』づくりを協働ですすめる協定を締結した。調停式の当日は香川県知事、塩江町森林組合長、瀧本環境森林部長他県職員、香川同友会からは川北代表理事、島田環境委員長以下委員と事務局の6名が参加をしました。

フォレストマッチングとは、環境保全に関心のある企業がCSR(企業の社会的責任)活動として、協働の森づくり活動に取り組むため、企業、森林所有者代表、県が、「フォレストマッチング協働の森づくり」宣言に署名するとともに、協定書を交わし、森林の整備と保全を進めるもので、具体的な活動計画は香川県高松市塩江町安原の森林で年間0.1haの間伐を5年間継続するものです。

協定式では、香川県知事が平成16年の全国で頻発した豪雨災害を契機に、加えて台風23号に関する被害を受けて豪雨災害等の総合的な水害・土砂災害等を進めるために、圏域毎に総合流域防災協議会を設置し、香川の総合的治水対策の一環として〝フォレストマッチング/協働の森づくり〟活動を推進してきました。香川同友会の宣言で、本事業への参画企業は8社目となり、団体としては初の協定となりました。

川北代表理事は地球環境の保全を考えることの大切さや、地域環境を守る主体者は地域の中心に位置する中小企業がリーダーシップを発揮して実践行動をしなければならないと訴えた。そして、島田環境委員長より全国の同友会で取組まれている環境運動の状況や中同協のCO2削減コンペなどの事例を紹介しました。

その後、県産ヒノキの集成材で作った宣言書に署名をした後、「明るく豊かな森として次世代に引き継ぐため協働して森づくり活動に取組む」と宣言文を読み上げました。

今後、香川同友会では環境委員会を中心に〝環境課題とは〟をテーマに学びを深めながら、同友会運動として取組む環境課題を鮮明にして取組むことや企業が環境活動に取組むことで将来を展望できるしくみづくりを進めていくことを確認しました。

香川県フォレストマッチング推進事業ホームページに掲載
http://www.pref.kagawa.jp/kankyo/midori/forest/example/chuusho.htm