新着情報

ホーム > 新着情報 > 【追記】>第49回中同協定時総会in愛知【出席者感想文】

【追記】>第49回中同協定時総会in愛知【出席者感想文】

去る7月6日(木)~7日(金)に、名古屋国際会議場にて、中小企業家同友会全国協議会(中同協)主催の第49回定時総会が盛大に開催されました。

香川同友会から出席された方の感想文を掲載いたします。

ご一読いただきご活用ください。


============================================================
<中同協定時総会in愛知>

高松第2支部 有限会社藤田木工所 藤田淳司



今期の中同協定時総会ですが、私は第6分科会の『採用と教育』に参加しました。
報告者は岩手同友会の㈱仙北造園の佐藤氏と岩手大学の今井教授御2人で、都市圏以外の地方では止まらい人口減少問題の中で、人材を確保するにはどうすれば良いか...

今迄の物の豊かさの時代から、心の豊かさの時代の変化を理解して、中小企業が人材を採用する為には...
そこで共同求人を通じて大学と連携し、中小企業の人手不足解消の為の求人ではなく、自社の社会的任務を果たし、同じ地域に住む人間性を高めあい、若者に生き甲斐を与える企業を目指す事で、同友会理念の『国民や地域と共に歩む中小企業』を実践し、同友会と共に自社の成長と、地域の活性化に貢献していると感じました。
============================================================
<歴史に学ぶ>

高松第2支部 うえむら農園出荷組合 植村隆昭



 7月6日・7日、49回定時総会に参加しました。
分科会は、「同友会の歴史と理念から何を学び経営と運動に生かすか」というズバリ同友会そのものであり、報告者も鋤柄中同協会長でした。
後日、同テーブルで討論した会員からメールがありました。それには「過去に学ぶ」とよく言われるが、過去の何から何を学べばよいのか。自分の中で悶々としていたという内容でした。
鋤柄会長の講演にはいつも「不離一体シート」が資料としてあります。今回もA3版で読みやすい。同友会活動と自社経営が不離一体だというもの。同友会活動をするほど自社が発展していく、これが醍醐味であり、同友会で学ぶという事ではないかと思う。
会がめざす企業づくりの根底に流れているのは「労使見解」の精神、この理念をベースに、経営指針を労使一体となって作成、実践することこそどんな時代にも生き抜ける企業であることを実証してきた。このことが歴史に学ぶことではないか。


============================================================
<中同協定時総会in愛知>

高松第2支部 四国機電産業株式会社 川西 和行



7月6日、7日に、中同協定時総会に参加してきました。
初めての全国大会でした。
参加1週間前に事務局から、テーブル長をやってほしいと依頼があり、すごく悩みました。
初めての全国でいきなりテーブル長。無理とおもいました。しかし、同友会は「はい」か「YES」しかないと、教えられていたので、受けることにいたしました。
6月度例会でテーブル長の準備が大切と、松野氏の報告で聞いていたので、当日、藤田さんと平井さん3人で車で名古屋にむかいましたので、車の中でも、2人の力をかりて、模擬討論をやったりしました。
12時開会で少し早くついたので、会場の目の前でもあった、熱田神宮に参拝し、少し緊張もほぐれました。
昼食は名古屋名物「ひつまぶし」を食べようとしましたが、食べることができず、報告及びグループ討論に参加しました。
報告時はいつになく、キーワードをメモし、グループ討論が始まりました。やはり、全国大会というのは、熱い人が来ているので、少し振るといろんな意見がでて素晴らしいグループ討論となりました。
懇親会や二日目のことはあまり覚えていませんが、初めての全国大会で貴重な体験をさせていただきました。

============================================================
<中同協定時総会in愛知>

中讃第2支部 株式会社頃末商会 三野 大輔



初の全国行事の参加となりました私は第7分科会「ひらがな経営」で社員がキラリ★㈱吉村 橋本久美子社長の報告を聞いてまいりました。
「ひらがな経営」とあるとおり、社員の全員がわかりやすいシステムの構築、情報公開、社員教育を行っておられました。
・誰もがわかりやすい方法で社員への情報公開「壁新聞」
・部門ごとにミニ会議開き、解った点と解らなかった点を発表してもらい、それに解答してもらう
・社長も新入社員も同額現金支給する「経常利益1/4均等還元」
通常のボーナスとは別に経常利益の1/4を全員に決算後に分配する
・「イチオシ表彰」自分以外の誰かの良い行動を書いて投票してもらい、ひと月に一度、賞金1万円とともに表彰する
システムを簡単にすることで理解を進め、より社員が働きやすく、またやる気が沸いてくる仕組みは私も取り入れたいと思いました。
また、子育て支援を行い、小さな子供を抱える親でも働きやすい職場環境を整えておりましたが、反対に独身女性、子の無い女性、独身男性からは子を持つ女性だけが得をするという反発があったらしく、その是正にも取り組んでおられました。
弊社も子育て支援事業で母親のパートさんを雇っておりますが、組織が大きくなった場合に発生するであろうこの問題は盲点でした。
女性経営者としての女性目線の改革、女性経営者だからこそ出てきた問題、非常に勉強になりました、今後の経営に生かしたいと思います。