新着情報

ホーム > 新着情報 > 第30回香川経営研究集会in小豆島

第30回香川経営研究集会in小豆島

○スローガン:

「あなたにとって本当に心豊かな暮らしとは?」

~私達が描く地域のグランドデザイン~

○開催日: 2018年2月17日(土)

○会場:リゾートホテルオリビアン小豆島

mousikomi.png

会場案内・おススメ情報はこちらから

2.jpg

第30回香川経営研究集会実行委員会 渉外部会長 小西 啓介氏(中讃第2支部)

関わることの意義と本質

質の高い経営研究集会を開催することで、地域社会における同友会の存在価値を高めようというのが、意義というか目的です。今回の開催は第30回ということで、とても重要な節目の年です。

30年という長い歴史の積み重ねには大きな意味がありますし、また関わってこられた方々にとっては、学びの集積の歴史でもあると思います。ただ、その一方で開催の意義や目的の形骸化が、経年ともに進行しているという事実が見受けられるように思われます。会員の意識が、年に一度の恒例行事だから、とりあえず形にという安易なものなっているような気がします。そうではなく、加速度的に変化する時代に対応するためにも、既成概念に疑問を持ち、開催の意義を再確認し、高めていきたいと考えています。

今回の小豆島開催(地方開催)のハードルはあらゆる面で高く、そのために徹底した準備が求められています。ただし、実行委員にとっては未経験の事柄が多く、クリアしなければならない問題や課題がたくさんあります。そのために、徹底した主体者意識が求められていますが、実はこれこそが同友会活動の真髄であり、主体者としての活動が深い学びを得ることに繫がり、またその学びが自社経営に大きく影響を与えることになるのではないかと思います。活動で芽生えた会員同士の一体感や連帯感が、地域社会発展の原動力になっていくことが、本来あるべき姿ではないでしょうか。