会員の声

ホーム > 同友会のご紹介 > 会員の声

ライフスタイルブティックグレースマーケット 代表 木村 葉月 氏

入会前までは、全く気づかずに、自分の自己満足で経営をしていたところが多々ありました。それが経営指針を創る会や女性委員会、異業種交流委員会等の活動に参加することで、同業、いわゆる花屋の常識のようなものに捉われた経営で、凝り固まって衰退していく しかないような状態だったところを、異業種の人たちと触れ合い、学ぶことで、それまでの常識から解放され、自由な発想での経営ができるようになったと思います。それから学んだり、意見を聞き合う場では、皆さん心底親身になって受け止め、意見を言ってくれます。またそこには先輩、後輩の立場はありません。また経営指針を創る会の若い人たちとは、一緒に悩みを言い合い、本音で語り合うことができます。 このように若い人も年配の方も一緒に活動できるのが同友会のいいところだと思います。また大きな会社も小さな会社も悩みは一緒で、大きな会社の人は既にクリアしている悩みや問題について適切な助言を与えてくれるところも魅力の一つですね。こういう体験は同友会に入会 してこそ得られるものだと受け止めています。

有限会社茉莉華 代表取締役 松本 美帆 氏

同友会に入る前は私自身、経営者としての自覚というか、責任感がとても低かったように思います。従業員を雇っていながら、毎日楽しく仕事が出来ればいいとか、この子たちに嫌われないようにするにはどうすればいいかとか、そんなことしか考えていませんでした。同友会に入ってからは従業員に対しての責任と、大切な時間を一緒に過ごさせてもらっているのだから、彼女たちがどういうことを目指し、何をしたいのか等を真剣に考えるようになりました。少なくとも従業員と同じレベルで楽しく仕事が出来ればいいでは駄目だと気付きました。そういうことが分かると従業員には嫌われてもいいからその子のためにとか、それはお客さまにも同様ですが、お店を守るためには仕方がないこともあるということが、いろんな方のお話を聞く中で、私の心構えも変わって来たように思います。

香川ヤクルト販売株式会社 代表取締役社長 岩田 弘司 氏

社長就任前の専務や常務時代、実務レベルの仕事を父親から少しずつ任され始めましたが、創業時代の番頭さんたちが結構働いており、その下で私と同年代の 社員が働いていたのですが、やはり世代の違いというか考え方が微妙に異なるわけです。そういう社風をどう克復するかが私の大きな課題でした。父親に、将来経営を任せてくれるのなら、番頭さんに自分の思いをきちんと伝えたい。だから指針書が必要なんだと説明すると同時に、私が学んだ他の企業の話を丁寧にしたところ、それならと承諾してくれたので、まずは幹部研修から始めました。 その後、経営指針とは何ぞやという学びに入り、一年をかけて係長クラスまでに 意見を聞き、指針書作成に取リ組みました。そして一年後に何とか発表会を開くことができました。

株式会社ブックオフウィズ 代表取締役 安達 俊彦 氏

同友会の「社員共育塾」 の一番の長所は、経営者と社員のベクトル合わせができることです。会社に関することは社内で充分取り組めますが、たとえば何のために働くかとかなどのテーマについて討論することで、考え方や姿勢に関して根幹の部分を統一することができるようになります。経営者は常に会社のことを考えていますが、社員はそのときどきの問題や売り上げなどについて目がいきがちですので、働くとはという根っこの部分を一緒に考えるわけです。どちらかというと我々も同様ですが、こういう時間を取らない限り、ややもすると日々の活動に追われてゆっくり考えることはないと思うんですね。毎月一回、たとえ二時間でも経営者と社員が向き合ってじっ くりと考える時間を持つということはとても有意義なことです。私どもの社員は とくに参加を強制していませんが、案内をすると十名程度の参加があります。

有限会社たも屋 代表取締役 黒川 保 氏

私自身、性格は変らないのですが、同友会に入ってから考え方が変りましたね。 最近社員から、社長は変ったと言われています。この仕事は職人の世界のようなところがありますから、親方と弟子のような関係がありますので、昔は社員をただやみくもに怒っていたのですが、今はそれぞれに性格が異なるので、一人一人に合った付き合い方や教え方をしなければならないということを、同友会で学びました。以前は従業員全員、みんな同じ付き合いしかできていなかったわけです。それに自分たちが動けばお店は何とか回っていけていたのですが、だんだんと大きくなり、会社組織として機能しはじめると、それぞれに役割分担を決めて任せないと、自分たちだけでは限度がありますし、また経営者としての本来の仕事ができないわけです。以前は人が育つ ところまでいかなくて、途中で辞めていくことが多かったのですが、今は少しずつですが育っています。

  • 1