共育ちで、未来を創る

ホーム > 共育ちで、未来を創る > 観光地ならではのカテゴリーキラー!

観光地ならではのカテゴリーキラー!

事務局の児嶋です。

 過日、第24期同友会大学の修学旅行で「テーマ/京都散策」に参加をして〝興味深い現象〟を目のあたりにしました。その事例はマーケットセグメントされたビジネスモデルの凄い事例だと感嘆致しましたのでご紹介します。

■驚くべき光景!

バスで訪問先の京都大学へ移動中の車窓から、八坂神社付近で、やたら派手な着物を着た和装女子が闊歩していました。しかも、大人数で和装カップルも・・・当方の推測する会話で「この時期は大学の卒業式なのかな? とりわけ○○○ダム女子大も近いですから・・・その女性達だと思いますが・・・」→なんとなく〝一同納得〟

しかし、京大、岡田教授のキャンパス案内と懇親を深めて伏見稲荷大社に移動する車中。そこでも目にしたのが大量(何十人規模)の着物女子が歩いているではありませんか。しかも、中国語、タガログ語が飛び交っています。そうだったのです〝着物で観光するインバウンドの人達〟です。(※北海道からの女子もいましたが)

IMG_0353.jpg

※仕組みは着物の一日レンタルで、ヘアーセット、髪飾り、帯締め、飾付、和バッグ等小物、足袋、草履の一式貸出方式です。ネットで調べたら何十件単位のレンタル店がひしめき合って商売をしています。

IMG_0358 (3).jpg

※観光地ならではの体験型で日本文化に触れる細分化を狙ったマーケットです。今流行りのスマホ片手にインスタ映えしている様子でした。

※肝心な点として、地域々の市場細分化を顧客(外国人観光客)の属性や趣味・嗜好で分類し、企業が市場(京都)を絞り込むことがそれにあたります。さらに、顧客市場を細分化することによって特定カテゴリに対して集中的にアプローチすることを目的に行われている点に注目をしたいものです。

そんな商魂たくましい京都の事例を〝弱者の戦略事例〟の視座として参考にしていただければと思います。

香川同友会へ

HPからのお問合せ: 

https://secure01.blue.shared-server.net/www.kagawa-doyukai.com/inquiry/

中小企業経営者の皆様!入会のお申し込みはコチラから

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://www.kagawa-doyukai.com/guidance/