共育ちで、未来を創る

ホーム > 共育ちで、未来を創る > 『情報に近づこう!-III』

『情報に近づこう!-III』

事務局の児嶋です。

 過去〝情報に近づこう〟をテーマに経営革新に役立つための視座をシリーズで御紹介を差し上げましたが、今回は香川県のホームページがリニューアルされていますのでピックアップをして感じたポイントを中心に紹介差し上げますので、是非 積極的にアクセスをして脳活に役立てて頂ければと思います。

 まず、香川県には政策部 統計調査課が設けられており政策立案時の基礎Dataに活用がされています。具体的に統計調査された数値は実態の把握や香川県の事業計画の策定,施策の評価などに利用されています。さらに、民間における統計利用は,多くの企業で,統計的手法を駆使して,市場調査(マーケットリサーチ基礎Data)をはじめ様々な統計的活用がなされています。これらの基礎的資料として,国や地方公共団体の各種の統計が多角的に使われていることを認識したいものです。

※香川県統計情報データーベースのアドレス

http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/etc/subsite/toukei/index.shtml

香川県.jpg

 担当をしている支部例会の経営体験報告の事例で、タクシー業を営む経営者は地域(キロ範囲の地域密着)の人口や年齢構成調査Dataをベースにしながらもエンドユーザーにニーズ調査アンケートを実施して分析し女性ドライバーやユニバーサルドライバー資格の活用などで高齢者対応を時代に合った戦術立案時に役立てていました。次に幼児用靴販売会社では自社商品に付加価値をつけるためのパートナー探しを全国の加工業者調査をしました。なんと香川県に製造数全国1位の会社が存在していて粘り強く交渉を行った結果、新商品が完成をしたそうです。

そこにも、〝地域の生きた数値や情報〟を見つけ出して戦術に生かした事例が読み取れます。

☆これらの事例から見えてくることは、経営戦略(戦術)構築の本質は『生きた情報に近づきを読み取る』ことだと思います。そこに「経営革新」が始まるヒントが潜んでいます。

香川同友会へ

HPからのお問合せ: 

https://secure01.blue.shared-server.net/www.kagawa-doyukai.com/inquiry/

中小企業経営者の皆様!入会のお申し込みはコチラから

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://www.kagawa-doyukai.com/guidance/