同友会大学

ホーム > 主な活動内容 > 同友会大学

同友会大学の目的

  1. 時代の変化を読み取る大局観を養う。
  2. 具体的な問題を解決するための基礎的総合力な力を向上させる。
  3. 組織指導能力、教育力、人間力を高める。

学長挨拶

~教えるとは(共に)希望を語ること 学ぶとは誠実を胸にきざむこと~

同友会内でも馴染みのある文言ですが、これ自体が独立した断片では無く、第二次世界大戦下当時の学生達に寄せた共感であり、エールともいえる一連の詩の中で語られた一節です。

香川同友会にあっては『学ぶとは…教えるとは…』と順序が入れかわっており、かつ冒頭のように(共に)という言葉が挿入されていますが、個人的にはこの方がより明確であり、同友会の土壌を端的に表現しているように思っています。

傍らこの文言は教育関連の式典・行事などの場で引用されることも多く、後段部分の「誠実」をあえて「確信」と読み替え、文言全体の意図を~『希望をはぐくみ、それを確信に変えるような学び』~と表現されることもあるようです。

先の「大震災」以降、突出的事象と本来的社会問題が同時に顕現している時代状況下にあって、「客体世界」と「私たち」の関係そのものを展望の道筋に乗せ、多様な「現実」から「生活の本質」を抽出し、個々の「希望」を「社会的な確信」として具現化し続けることは我々経営者に与えられた歴史的使命とも存じます。

不遜なれど…同友会の活動・運動と自社経営が、連動するそれぞれの「パズルの一片」だとすれば、「同友会大学」は同友会理念という「壮大な社会的台紙」であり続けたいと願うものであります。

記念すべき第20期を最良の学びの場とし、希望を確信に止揚すべく

第20期 同友会大学学長 矢野俊郎

同友会大学開催概要

目的

1.より広い視野で、時代の変化を読み取る大局観を養う。
2.具体的な問題を解決するための基礎的、総合的な力を向上させる。
3.組織指導能力、教育力、人間力を高める。

会場

香川産業頭脳化センタービル2F一般研修室(高松市林町2217番地15)
※第1講と第10講は高松国際ホテルで行います。

基本スケジュール

18時30分~受付 19時00分~講義開始
20時40分~質疑応答 21時00分 終了       
※第1講は開校式、オリエンテーションを同時開催のため、18時30分開会予定

受講料

会費20,000円、一般25,000円、スポット参加2,500円
※講演テープおよびCDは出欠関係なくお申し出があれば『500円』で販売いたします。

受講資格

会員及び幹部社員、一般市民若干名(第1~19期受講生可。)
※支部単位でスポット団体申込みも歓迎(30,000円)

募集定員

80名(定員になり次第締め切りますので、お早めにお申込下さい。)

申込方法

別紙申込書に必要事項を記入の上、ご返送下さい。
尚、受講料は申し込みと同時に、下記口座にお振込み下さい。
百十四銀行 頭脳化センター出張所 普通0001191

お問い合わせは、担当事務局(児嶋敏希)迄。
香川県高松市林町2217番地15香川産業頭脳化センタービル
TEL:087-869-3770