事務局

ホーム > 主な活動内容 > 事務局 > 例会・行事報告 > 全国区のブランドと自社の強みを活かす!

全国区のブランドと自社の強みを活かす!

事務局-兒嶋です。

小豆島の土庄町に、潮彩釜飯、子持ちいいだこ醤油煮や瀬戸内海の魚を使ったファストフィッシュ惣菜を〝安全と安心を基本〟に製造販売をしている会社があります。この会社は昭和48年に設立をして外食産業用の食品販売(業務用冷凍食品・農水産品・活魚の販売)を中心業務に営業がされてきました。しかし、社員と共に将来を展望して、長年魚介を扱ってきた知識と小豆島の恵みを活かしたオリジナルな商品開発に取り組むことにより顧客を創造して地域経済(小豆島)の活性化と地域の雇用を守ることが必要だと気付いて新しい道づくりに挑戦しています。

そこから、耳慣れない言葉が聞こえてきます。「ファストフィッシュ(第9回委員会)」で新商品が選定されたそうです。

※水産庁の事業取組み

Fast Fish(ファストフィッシュ)とは手軽・気軽においしく、水産物を食べること及びそれを可能にする商品や食べ方のことで、今後普及の可能性を有し、水産物の消費拡大に資するものです。 

オリーブ.png

小豆島の近海で育まれた幸と伝統の技で作られた商品をストーリーに商品化をしたそうです。選定された商品は 瀬戸内の旬を味あう潮彩釜飯(桜鯛・三種たこ・穴子・鱧)・小丼(オリーブ牛等)があります。コンセプトは安心・安全な食材にこだわり健康を意識する人に小豆島から提供することだそうです。

次のストーリーは料理にもう一手間かけたい時のお手軽な調味料として、島の産品である「オリーブオイル」と「醤油」と香川の「塩」を燻製にした商品開発に取り組みました。『オリーブの燻製』は中四国農政局・四国経済産業局経済から平成26年2月に農商工連携事業計画が認定(香川県産オリーブの枝及び葉の燻製材を活用したオリーブ燻製調味料の開発・製造・販売)され、次に(公益財団法人)かがわ産業支援財団から平成25年度かがわ農商工連携ファンド事業(オリーブの選定枝葉や 油後の搾りかすによる燻製材の開発と小豆島沖で獲れた魚介のオリーブ燻製商品の開発と販路開拓)に採択されました。

それらの取組みは、小豆島の人口減少からの対策として見えて来る〝地産外消〟から地域と自社の強みを活かして官との連携を強化して施策を活用できる企業づくり(経営資源に取り込める企業)の視座が必要だと確信をします。

是非、行政の施策を取り込むことを経営指針に加えて取組んで頂ければ幸いです。

  • 入会のご案内・お申し込み
  • お問い合わせフォーム