経営理念記入シート

ホーム > 主な活動内容 > 経営指針確立の運動 > 経営理念記入シート

経営理念の成文化の要領

  1. 利益は、企業の目的なのか、どうか、これが経営理念成文化にあたっての根本的な問題です。
    企業の目的・使命はあくまで社会的貫献であること、利益は企業の社会的貢献の結果であり、社会的貢献を果たすための原資、資本コストであると認識することが大切です。
  2. 気ばらず、構えず、常識的言葉を選び、簡潔に箇条書きで、せいぜい五項目以内でまとめます。
  3. 経営理念をアピールするいろいろな場面を想定して見直して下さい。
    例えば、お客様、取引先、取引銀行の支店長に向かって、また学校の先生、社員採用の面接で学生に対して、社内の朝礼のときも想定してください。
  4. 同友会の経営指針セミナーでは、順番に一人ひとりが自分の成文化作品を、お互いに見せ合い、こういう考えでこういう気持ちを表現したものであることを説明し、披露し合っています。
  5. その場合、まず、相手の考え、気持ちを理解する立場で語句の意味、中身を質問し合い、お互いに相手の考え方をつかむことが大切。
  6. その後は、率直に自由に批評し合って、それぞれが個性豊かで、しかもみんなが納得のいくようをものにねりあげるよう援助し合って下さい。

下記シートの手順に従って記入すれば、経営理念・方針が簡単に作成できます。是非ご活用下さい。
PDFファイルリンクしてありますので、クリックすればファィルが開きます。